スポーツバイクのEC専門ショップオープン!
8,000円 以上全国送料無料(完成車を除く)
8,000 アイテム 約80 ブランド、
Probikeshop ホームページ

マウンテンバイクガイド

あなたの用途にあったマウンテンバイクを見つけてください。

1970年代にカリフォルニアで一握りの冒険好きなヒッピーとともに始まったものは、今や世界で最も成功している自転車アクティビティであり、自転車業界全体のイノベーションの原動力となっています。

現在のマウンテンバイクはその多様性と、考えられ得るすべての道を走行できるという信頼性によってユーザーの期待に添いますが、何よりも沢山の走る楽しさを保証してくれます。街中や田舎での丈夫な相棒として、家の玄関から出てすぐに日常生活を忘れ去るのに理想的な自転車として、またはむき出しの地形でのツーリングやアクションのための純粋なスポーツバイクとして―さまざまな種類の沢山のマウンテンバイクが、購入を希望するバイカーを待ち望んでいます。

これらそれぞれのタイプのマウンテンバイクは、言うまでもなく幅広い用途の中で独自の強みがあります。すでに自分のニーズを正確に把握している方には喜ぶべきことですが、初心者は時々混乱してしまうでしょう。

ハードテイルか、それともフルサスか?大きいホイールか小さいホイールか?クロスカントリーなのかオールマウンテンバイクなのか?油圧ディスクブレーキ、サスペンションシステム、ギアの段数……マウンテンバイクの世界は、最初のうちはジャングルのように分かりにくく感じるかもしれません。以下のページでは、初心者の方も上級者の方も目的に合った適切な商品をお探しになれます。


バイクの構造―フルサスとハードテイルの違い

より高い価格帯の中ではフルサスペンションのマウンテンバイクが広く普及しています。しかし、リアにサスペンションを備えないマウンテンバイクが古いというわけでは決してなく、場合によってはより適切な選択肢となることもあります。初心者としてフルサスペンションバイクから始めるべきか、それともフロントしかサスペンションを備えないハードテイルで始めるべきかは、好みの地形、各々の走行スタイル、そして特に予算によって異なってきます。

 

マウンテンバイク・フルサス

 + 快適さ 特に長いオフロードライドでゆったりと走行できます。

 + 走行の楽しさ & コントロール性: 厳しい地形でも、より速く、よりコントロール性のある走行ができます。

 - 重量: ショック吸収、ジョイント、そして装備にコストをかけなかった場合、総重量がかさみます。

 - 価格: フルサスは、同等のハードテイルバイクよりも高くなると考えた方が良いでしょう。

 

マウンテンバイク・ハードテイル

 + 装備:お手頃なエントリーモデルのバイクにも、通常は非常に良い装備が備え付けられています。

 + 重量: フルサスに比べて重量は大幅にカットできます。

 + メンテナンスの容易さ:シンプルな構造なので、長期間にわたって変わらない走行の楽しさが約束されます。

 - 快適さ: 後部への衝撃はタイヤによってのみ吸収されます。運転手にとって悪路はチャレンジングなものとなります。


用途―自転車の使用場所と目的
①エントリーモデルとスポーティーなオールラウンダー

これらの自転車は、都市部での毎日の走行や郊外でのバイクアクション、友人とのレジャーツーリングなどすべての用途で使用することができます。通常、ライディングポジションはあまり前傾姿勢ではなく、それによって初心者にコントロール性と快適性を提供します。上り坂と下り坂で、舗装された道と未舗装の道の両方で、汎用性とバランスのとれた、コントロール性のある運転性能に特に重点が置かれています。

➁オールマウンテンとエンデューロバイク

高い山と険しいトレイル―これらの自転車の用途は簡単に説明するとこのようになります。オールマウンテンバイクは効率的なトレイルバイクで、アルプスを横断するときでも、まるで家の近所を走り周っているかのような気軽さで走破できます。最新のエンデューロバイクはダウンヒルを重視した派生モデルであり、さらにラフなルートに対応することができます。

③クロスカントリーとマラソンバイク

スポーティーに前進し、坂を素速く上り、ダウンヒルを効果的に下る―これらのバイクは、脚力をダイレクトに推進力に変換するので、高高度での走行やテクニカルトレイルでも尻込みする必要はありません。軽く丈夫で不快なガタつきがなく、仕事の後にまた1時間半走りに行ったり、次のバイクマラソンのスタートラインに立ったりするのに理想的な自転車です。

④女性用マウンテンバイク

現在多くのメーカーによって、性別による若干の解剖学的な違いを考慮にいれて設計された女性用モデルが多数提供されています。よりコンパクトなライディングポジション、特別なサドルモデル、柔らかくアジャスト機能付きのスプリング、女性用に調整されたハンドルバーとグリップにより、女性にもマウンテンバイクの変わらぬ楽しさを提供します。


ホイールサイズ―26インチ、27.5インチ、もしくは29インチ

数年前までは、マウンテンバイクには26インチのホイールが定番でした。今日では大型の29インチホイールがしっかりと定着しています。そして、新しい中間サイズである650Bもしくは27.5インチは、26インチの後継サイズとなろうとしています。車輪が大きくなっていったのには、納得のいく理由があります。大きな車輪では木の根や石などの障害物の上を簡単に走行することができ、また、高速走行の際により安定するためです。大きな車輪は従来の小さな車輪と同じ品質だと少し重く、また小柄なユーザーの場合は走行中のコントロール性をいくらか失う可能性があります。新しく導入された平均的な27.5インチのホイールは、俊敏性と走行の滑らかさの最良のバランスを約束します。

26インチ

俊敏性と安定性が最も重要である場合に、このクラシックなホイールサイズは重要な役割を果たします。クロスカントリーまたはツーリングでの使用では、26インチは人気がなく、また多くの場合価格も下がってきています。

27,5インチ (または650B)

この自転車産業界の新しいスターは、長期的には26インチホイールにとって代わる可能性が十分にあります。26インチの俊敏性と、大きなホイールの、より良く障害物を乗り越えられる特性の強力な組み合わせにより、オフロードでアグレッシブに走りたいすべてのユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。

29インチ

大きな車輪は、文字通り新しい勢いをもたらします。牽引性と快適さにおける長所は、オフロードでの走行ではっきりと感じることが出来ます。身長170cm未満のユーザーにも、クロスカントリーおよびツーリング用に29インチホイールは十分おすすめです。小さな障害物であれば簡単に乗り越えられてしまいます。