🚴Probikeshopは2021年9月1日でサービス開始1周年を迎えました!!🚴

a { color:#0000EE; text-decoration:underline; } a:hover { color:#0000EE; text-decoration:underline; } a:visited { color:#551A8B; text-decoration:underline; }

税込8,800円 以上全国送料無料(完成車を除く)
8,000 アイテム 約80 ブランド、
Probikeshop ホームページ

バランスバイクに関するアドバイス

最初のステップとして理想的なバランスバイク

初めて本物の自転車に乗るための準備段階として、バランスバイクがおすすめです。

小さなバイカーはペダルを漕ぐのではなく、バランス感覚とハンドル操作に集中できることが重要です。バランスバイク(ランニングバイク)に乗る際の動きは、その名の通り、子供たちがすでに身につけている「走り」によるものです。

2歳以上の子供たちなら始めることができ、すぐに最初の成功体験を得るでしょう。キックスクーターと比較しても、ホイールはこちらの方が大きめなので、スムーズに動き、転倒のリスクが軽減されます。

また、本物のホイールと見た目が似ているのでやる気に繋がります。木製やアルミニウム製のフレーム、ソリッドタイヤを着けたホイール、そして本格的な空気入りタイヤを着けたものもあります。

ソリッドタイヤはその中でも一番頑丈ですが、かなり重みがあり、でこぼことした地面ではほとんどクッション性がありません。ゆえに普通の空気入りタイヤを着けたホイールの方がおすすめです。もちろんパンクする懸念もありますが、ソリッドタイヤよりもずっとクッション性があります。ほとんどの自転車は成長に合わせてサドルやハンドルの高さを調節できます。ブレーキに関する問題として、ブレーキが取り付けられているものもあれば、メーカーがブレーキを全く取り付けていないものもあります。ブレーキ操作には更に注意と集中力が必要です。ちびっ子たちにはまだ難しいかもしれません。バランスバイクに乗る子供たちは通常平坦な道でゆったりとしたスピードで走行するので、必ずしもブレーキは必要ではありません。足でブレーキをするだけで十分です。(リア)ブレーキについて言える利点は、本物の自転車に向けてのトレーニングとして子供たちがブレーキの扱いを一から「学ぶ」ことができるということです。ブレーキの有無に関係なく、後で子供たちが初めて本物の自転車に乗る(乗り換える)時には、バランスバイクを通してすでに優れたバランス感覚を身につけているので、簡単に走行ができます。

バランスバイクに乗っていたお子様が成長してバランスがうまく取れるようになり、小山や丘を下り始めたら、チェーンやブレーキが付いた子供用自転車に乗り換えましょう!最初のうちは少し手助けが必要になるかもしれませんが、バランスバイクのおかげでバランスをうまく取ることができ、ハンドル操作の大部分は身に付いているので、自転車の乗り方を圧倒的に早く習得できます。あとはペダルの漕ぎ方やブレーキの操作に集中すればいいので、習得はずっと簡単になります。

正しいサイズを見つけるには?

幼児用の自転車を購入される際には、お子様の身長あるいは年齢がとても重要です。これらの情報はメーカー毎に規定されており、商品説明に明記されています。

安全面で気をつける点。

基本的に、幼児用自転車の使用は公道での使用はできません。