走りを上質に変える! ロードバイク用の最新おすすめタイヤと選び方

パンクしない程度に空気を入れておけばいい。もし、そんな風にタイヤと付き合っているなら、すごくもったない話。タイヤほど面白いパーツはありません。どんなホイールと組み合わせるか、空気圧をいくつに設定するか……。太さ、銘柄、コースによって正解は変わります。今回は、ロードバイク用の最新タイヤと選び方をご紹介します。深淵なる世界なので、少しずつ学んでいきましょう。

ワイドリムとワイドタイヤを組み合わせるトレンドは、2021年も健在です。この組み合わせは、空気圧を落としても走行感が重くならず、乗り心地もいいのが特長です。

10年前は21㎜や23㎜のタイヤ幅が主流でしたが、現在は25㎜の人気が最も高くなっています。ちなみに、次は28㎜がスタンダードになるといわれていて、2021年モデルでは32C対応のレースバイクも増えています。

また、インナーチューブのないタイヤも、シーラント剤とセットで使うチューブレスレディとして定着の兆しを見せています。

まずは装着可能な規格を確認しよう!

現在、完成車メーカーの市販車に採用されているタイヤは、クリンチャーとチューブレスレディの2種類。ほかにチューブラーやチューブレスもありますが、標準パーツで装着されることはほぼありません。なので、ここではクリンチャー&チューブレスレディを中心に説明していきます。

改めて言うまでもなく、タイヤとリムは正しく組み合わせないと機能や性能を引き出せません。チューブレス対応リムはクリンチャータイヤとも互換しますが、クリンチャーリムにインナーチューブを使わないタイヤを使うことはできません。リムの仕様は貼られているシールなどに「tubeless」もしくは「TLR」と表記されています。表記がない場合はクリンチャーのみ使用が可能ということになります。

タイヤの断面形状を決めるのは、リムの内幅

次にチェックするのはリムの内幅。これはネットなどで調べるか、ノギスなどを使って実測するのが確実です。

なぜ、リムの内幅を気にする必要があるのか?

それは、タイヤの断面形状や実際の幅がパッケージに書かれているデータと違ってしまうから。目安としてはリム幅が広いほどタイヤの幅も広くなり、剛性も高くなります。近年はワイドリム&ワイドタイヤが流行しており、リムの内幅が広いので、タイヤ幅は表記よりも太くなる傾向にあります。

したがって、フレームとタイヤのクリアランスが小さいフレームだと、ホイールがはまらないこともあります。現在使用しているタイヤと同じ太さか、細くする場合はクリアランスを気にする必要はありませんが、太くしようと思っているなら、タイヤとフレームの間隔が十分にあるか確認してください。

リムとタイヤの組み合わせについては、欧州の標準規格ETRTO(The European Tire and Rim Technical Organization)を参考にしてください。

走行距離の多いヘビーユーザーに最適

■Continental(コンチネンタル)/GRAND PRIX 4-SEASON 【リンク

通勤やロングライドなど、限りなくパンクリスクを下げたいサイクリストから絶大なる信頼を置かれている「Continental」。タイヤサイドをデュラスキンと呼ばれるポリアラミド繊維で強化。トレッド面の下にはベクトランブレーカーと呼ばれる耐パンク防止素材を2層にも配置し、さらに3層にも耐パンク素材を重ね、パンクを限りなく防止する対策が施されています。

役割に応じて前後専用設計を採用したレーシングタイヤ

■Continental(コンチネンタル)/ATTACK & FORCE COMP SET 【リンク

操舵と駆動、前輪と後輪の担う役割に応じて、それぞれ専用に設計にしたのが「ATTACK & FORCE」です。タイヤの形式はオーセンティックなチューブラータイヤ。前輪はタイヤ幅を22mm、後輪は24mmと異なる断面にしています。トレッドパターンはセンタースリック、サイド部をやすり目形状にすることで、転がり抵抗とグリップ力という相反する性能を両立しています。

世界的な大ヒット作となった、「コンチネンタル」の最上級モデル

■Continental(コンチネンタル)/GP5000TL 【リンク

「Continental」タイヤの名声を一躍向上させた「GP4000」シリーズに代わって、2019年に登場した「GP5000」シリーズ。耐摩耗性と高グリップを両立させたブラックチリコンパウンドを改良し、構造全体を見直すと同時に最新の技術を投入。前作と比較して転がり抵抗が12%向上、耐パンク性能を20%向上、5gの軽量化を果たして高い評価を得ています。チューブレスのほかクリンチャータイプもあります。

定番コルサシリーズのロングライド用ニュータイヤ

■Vittoria(ヴィットリア)/CORSA CONTROL

「RUBINO PRO」は全てのコンディションに対応するオールラウンドモデルです。クリンチャー、チューブレスレディ、チューブラーとラインアップも豊富にあり、しなやかな走行感を演出する150TPIナイロンケーシングが採用されています。耐摩耗性能と転がり抵抗に秀で、ウエット時のグリップ力を強化されているので雨天のダウンヒルが苦手な人でも安心です。

豊富なバリエーションで死角がない

■Vittoria(ヴィットリア)/RUBINO PRO

「RUBINO PRO」は全てのコンディションに対応するオールラウンドモデルです。クリンチャー、チューブレスレディ、チューブラーとラインアップも豊富にあり、しなやかな走行感を演出する150TPIナイロンケーシングが採用されています。耐摩耗性能と転がり抵抗に秀で、ウエット時のグリップ力を強化されているので雨天のダウンヒルが苦手な人でも安心です。

ついに「MICHELIN」もチューブレスレディ戦線に参加

■MICHELIN(ミシュラン)/POWER ROAD TUBELESS READY 【リンク

AIR PROOFテクノロジーを採用したPOWERシリーズ待望のチューブレスレディ。新たなX-RACE Compoundを採用して回転効率と堅牢度、グリップ力の向上と軽量化を実現。新しいトレッドパターンの採用により安定した高速のコーナリングが可能です。従来のPOWERシリーズ同様、TWI(Tread Wear Indicator)と呼ばれる小さな穴をトレッド面に施すことにより、タイヤの減り具合と交換時期が分かる機能を搭載しています。

トレーニングや通勤などヘビーユースに最適

■MICHELIN(ミシュラン)/LITHION 3 【リンク

トレーニング用や通勤用タイヤとして定評の高い「MICHELIN」のベーシックモデル。上級モデルの「POWER」を開発中にAg2rチームのフィードバックから生まれたGRIPコンパウンドを採用し、雨天時でのグリップ力が格段に向上。中央部分をスリック、サイドにスギ目を配置したトレッドパターンは、直線で転がり抵抗を小さく、コーナリング時は高いグリップ性能を発揮します。

ハイグリップ指向のレーシングモデル

■HUTCHINSON(ハッチンソン)/FUSION 5 GALACTIK

100年以上の歴史を誇るフランスの老舗タイヤメーカー「HUTCHINSON」。「FUSION 5 GALACTIK」はHDF>5コンパウンドを投入した旗艦モデルで、ハイグリップに特化したレース用タイヤ。クリンチャータイプの最軽量モデル(23C)は180gと軽く、ケーシングは127TPIでしなやかさも併せ持つ設計がなされている。耐久性を強化したパフォーマンス、オールシーズンもある。

プロ選手のために作られた上質なチューブラータイヤ

■HUTCHINSON(ハッチンソン)/PRO TOUR

プロ選手に供給するためコストを度外視して作られた、究極のチューブラータイヤ。トップアスリートから寄せられた膨大なるフィードバックを元に、選び抜かれた素材を使ってハンドメイドで作られています。タイヤ幅は25㎜、独自技術によってポリコットン製ケーシングとコンパウンドを接着し、転がり抵抗、グリップ力、耐パンク性能に妥協することなく製品化した「HUTCHINSON」の自信作です。

チューブレスタイヤをリードする「IRC」の自信作

■IRC(アイアールシー)/FORMULA PRO TUBELESS RBCC

コーナリングやウェットコンディションでの確かなグリップ感が絶大な支持を得ているRBCCを採用。前作で評価の高かった転がり抵抗はそのままに、グリップと耐摩耗性、さらに大幅な耐候性をアップ。トレッドは中央に杉目パターンを採用。グリップ限界付近の挙動が把握しやすく、コントローラブルな仕上がりに。円周方向の4本の溝は転がり抵抗の軽減し、しなやかさと路面追従性の向上を図っています。

濡れた路面を苦としないマルチコンディションタイヤ

■IRC(アイアールシー)/ASPITE PRO RBCC

米ヌカから作られる硬質多孔性炭素素材RBセラミック粒子をトレッドゴムに配合したRBCCコンパウンドを採用したハイグリップモデル。雨天も苦にしない排水性の高いトレッドパターンと、耐パンク性の高いXガードベルトを兼ね備えている。また、ビード付近に設置したエアロフィンが時速40㎞で走行しているときに4%のエネルギーロスを解消します。

ついに登場した「SCHWALBE」初のチューブレス構造

■SCHWALBE(シュワルベ)/PRO ONE TUBELESS EASY 【リンク

待望のチューブレスレディ構造の新製品。新たに開発されたカーカス構造スープレス”と新コンパウンドADDIX RACE”コンパウンドによって構成されるハイエンドモデル。軽量化と転がり抵抗の低減を実現し、さらなる耐パンク性を向上させるべくVガードを搭載し、より高レベルなコントロール性能と安全性を提供しています。

e-Bikeにも適した耐パンク性の強い

■SCHWALBE(シュワルベ)/DURANO DD 【リンク

レースからロングライドまで耐パンク性に優れたオールラウンドモデル。新開発の高性能コンパウンドADDIXと、軽量タイヤに用いられる耐パンクベルト、レースガードをセット。ショルダーからサイドウォールにかけて施されたプロテクション素材(スネークスキン)によって、高い走行性能と保護性能を両立したモデルとなっています。軽さと堅牢性を兼ね備えているので、e-Bikeにもオススメです。

4世代目に進化した「Panaracer」の自信作

■Panaracer(パナレーサー)/RACE A EVO4 【リンク

3種類ある「RACE」シリーズの中でオールラウンドに性能を追求したのが「A」です。4代目となった今作は、軽量モデルの「Gillar」をベースとした新コンパクト高いZSG Advanced Compoundを新開発。グリップ力を20%向上しつつ、転がり抵抗を10%軽減。タイヤ幅は23、25、28㎜の3種類、タイヤ形式もクリンチャーの他、チューブラータイヤ、チューブレスコンパーチブルの3種類があります。

強さに特化して、パンクを防ぐデュラビリティタイヤ

■Panaracer(パナレーサー)/RACE D EVO4 【リンク

パンクによるタイムロスを嫌う人から高い支持を得ている「D」は、高い貫通パンク強度を誇る超高強度の補強材ProTite Beltベルトをトレッド下に配置。さらに2層のケーシングによって全体を強化接着した3D Casingでサイドカットの可能性も低減。この2つの独自技術を駆使し剛性感としなやかさの相反する性能を高い次元で両立しています。

しなやかさと強さを兼ね備えたチューブレスレディタイヤ

■MAXXIS(マキシス)/Padrone TR 【リンク

ロード用チューブレスレディタイヤのトップモデル。卓越したしなやかさを求めて ケーシングには極細ナイロン製を使って、1インチあたり170本の密度を誇ります。サイドカットにも強い耐パンクブレーカーを タイヤサイドまで挟んだシルクシールドプロテクションは、 パンクトラブルのリスクを抑えます。チューブレスレディタイプなので、対応リムとシーラント剤を用いればインナーチューブのないスマートな走行感を楽しめます。

<関連記事>

2021モデルが登場! ロードバイク用の最新おすすめヘルメットと選び方
ロードバイクを買うときに知っておくべき最新常識(選び方)


菊地武洋

菊地 武洋(きくち たけひろ)

自転車ジャーナリスト。
80年代から国内外のレースやサイクルショーを取材し、分かりやすいハードウエアの評論は定評が高い。
近年はロードバイクのみならず、クロスバイクのインプレッションも数多く手掛けている。
レース指向ではないが、グランフォンドやセンチュリーライドなど海外ライドイベントにも数多く出場している。